« 致遠館中学 中学入試 適性検査Ⅰ | トップページ | 定員のお知らせ »

2019年7月 9日 (火)

致遠館中学 中学入試 適性検査Ⅱ

今回は致遠館中学の入試・「適性検査Ⅱ」についてお話をします。

「適性検査Ⅱ」の試験時間は45分です。

適性検査Ⅱの配点は60点です。(平成31年度入試)

適性検査Ⅰの40点と比べると大きな差です。

適性検査Ⅱの観点は「身の回りのいろいろなことがらに対して、興味や関心を持ち、自分自身で問題を発見し、すじ道を立てて考え解決しようとする態度や能力などを総合的にみる。」となっています。

実際に問題を見てみると

一、①車に長方形の厚紙をつけ、車を扇風機の前に置いてスイッチをつけたときの車の速さを求めるにはどうしたらよいか。

②実験の結果からどのようなことが分かるか。車をゆっくり進ませるためにはどうしたら良いか。

二、①時間内に博覧会を見学するにはどこの施設を見学すると良いか。またその施設を見学すると何時に到着するか。(道のり・速さ・時間の利用)

②あたえられた予算内で買い物をするにはどの商品を買うとよいか。またそれはいくらか。(割合を利用する問題)

三、①アサガオと太陽の関係についてどのようなことが予想されるか。また実験結果からどのようなことが分かるか。

②希望する時間にアサガオの花を開かせるにはどうしたらよいか、実験結果をもとに考える。

四、タイルを条件に合うように並べましょう。

 

といった問題があります。

ブログに書くためにものすごく問題文を短く書いていますが、実際の適性検査では問題文も長く、会話文の中に問題が隠れていたりするので、どの文章が必要なのか要約する力が必要です。

適性検査Ⅱは理科・算数に関する問題が多い印象です。

 

夏休み「小学6年生・受験対策クラス」は一般生徒の募集は終了しました。

小学5年生・致遠館中学受験クラスは若干名募集中です。

お気軽にお問合せください♪

 

« 致遠館中学 中学入試 適性検査Ⅰ | トップページ | 定員のお知らせ »

致遠館中学 入試対策 小学生受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 致遠館中学 中学入試 適性検査Ⅰ | トップページ | 定員のお知らせ »