« 佐賀北高校の入試倍率について | トップページ | 致遠館 理数科 入試情報! »

2022年6月25日 (土)

致遠館高校 普通科 入試情報!

令和4年 致遠館高校(普通)の入試情報についてお知らせします。

致遠館 普通科 募集定員60名(120名中60名は致遠館中学より)

第一回一般選抜志願状況86名 143

最終一般選抜志願状況92名 153

前年度一般選抜倍率 134

 

入学希望の調査は4回あります。そのため第一回目から最終までの倍率を比べると大きく変化することがあります。第一回目の倍率が高かったから諦めるのではなく、また第一回目の倍率が低かったから油断をしていいということはありません。最後まで油断せず、諦めず取り組むことが大切です。今回の最終入試倍率は第1回目と比べると高くなりました。

 

一般選抜では二種類の選考方法で合否が決まります。まず全員選考Ⅰの方法で合否判定が決まります。

 

選考Ⅰ 国語50・理科50・英語50・社会50・数学50の合計250点満点 調査書+面接の合計120点満点

 

致遠館・普通科の選考Ⅰは上記の点数です。点数配点は学校によって大きく異なります。選考Ⅰでは英語の配点が高くなっています。この選考Ⅰで不合格だった生徒は次に選考Ⅱの方法で合否が決まります。

 

選考Ⅱ 国語・理科・英語・社会・数学の合計250点満点 調査書+面接の合計100点満点 (5科目のテストは1回のみです)

致遠館・普通科の選考Ⅱは上記の点数です。選考Ⅰと選考Ⅱを比べると分かる通り選考Ⅰは内申書重視・選考Ⅱは学力重視となっています。

よって国語・理科・英語・社会・数学の点数さえよければよい、学校の授業・提出物・出席日数は適当でも良いということはありません。

受験は中学1年生の時から始まっています。日々の課題・定期テストを真剣に取り組むことが大切です。

 

令和4年の入試得点について・・・

今年度の入試は問題の難易度が高かったようです。そのため合格ボーダーラインは例年より低くなっています。

分かる範囲だと5科目のテスト250点中 210点~165点の方が合格しています。倍率が高かったためか、合格点にそこまで差はないようです。

点数というのはそのテストの難易度によって上下します。そのためテストの合計点よりも偏差値を日々意識するようにしてください。

致遠館高校・普通科の基準偏差値は60です。

 

また次回別の高校の入試情報をお知らせしたいと思います。皆さんの参考になれば幸いです。

 

※高校生・中学3年生は満席のため募集は終了いたしました。中学3年生は現在ご予約いただいている方までです。

中学1年生・2年生・小学生の空きはございます。お気軽にご相談ください!

夏期講座のお問い合わせもお待ちしております!

 

« 佐賀北高校の入試倍率について | トップページ | 致遠館 理数科 入試情報! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐賀北高校の入試倍率について | トップページ | 致遠館 理数科 入試情報! »